更年期障害の症状一覧|誰でもなり得る病気

更年期によくあるトラブル

更年期障害の症状にはホットフラッシュや動悸、知覚異常やうつ、不安など様々なものがあります。これらの症状に効果的な治療方法として、ホルモン補充療法やカウンセリング、抗うつ薬や漢方薬の処方などが挙げられます。

不調のサインを見逃さない

レディ

更年期障害の症状は重症になるとかなりしんどいものです。更年期障害の症状が感じられる場合は、速やかな病院の受診をすることがとても重要です。ホルモン注射などで緩和できることもたくさんあるので、受診をしてみましょう。

更年期の体調不良の原因は

机に置かれた聴診器

閉経期になると女性ホルモンが減少し、卵胞刺激ホルモンは分泌され続けます。その結果ホルモンバランスの乱れが起こり、更年期障害の症状が現れるのです。症状として身体のほてりや大量の汗以外にも、血圧の上昇とか微小血管狭窄症のような病気が起きる場合がありますので、更年期症状があらわれたら、病院でチェックしましょう。

男性と女性に起こり得る

診察

不定愁訴は男女共通

更年期障害は女性特有のイメージが強いですが、男性にも更年期障害が起こり得るとされています。男性も女性も、その原因はホルモンが大きく影響しています。男性の更年期障害では男性ホルモンが減少することで、精神面や身体面に様々な症状が現れます。女性の更年期障害よりも精神面の症状が目立ち、うつ病や心身症などに発展するケースがあるとの説もあります。精神面の症状の特徴は、本来男性ホルモンによる影響を受けていた意欲や闘争心などの低下です。身体面の症状の特徴は、同じく男性ホルモンによる影響を受けていた筋力や性機能の低下の他に女性の症状と同様の不定愁訴が含まれます。不定愁訴は倦怠感や頭痛など、検査で異常が見られない症状を主に指します。そして男性の更年期障害の発症時期は女性の時期よりも幅広いのが特徴で、若い時期や高齢になってからなど様々です。しかしながら男性の更年期障害は女性ほど発症率は高くなく、それは本来の男性ホルモンの数値に大差があることを要因とする説やストレスが要因とする説などがあります。一方で女性の更年期障害は、女性ホルモンが減少することで起こることは有名です。その症状はホットフラッシュとも呼ばれるほてりやのぼせが代表的で、自律神経の影響を受けているとされています。次いで精神症状も有名で、急に怒りっぽくなるなど人格が変化したように感じる程の変化が起こることがあります。そして男性の症状と同じく不定愁訴があります。発症年齢は男性と異なり40代から50代に集中しています。男性も女性も更年期障害と思われる症状に悩むことがあれば、専門外来を受診する方法もありますがまずは内科などかかりつけ医に相談するとスムーズです。