更年期障害の症状一覧|誰でもなり得る病気

更年期によくあるトラブル

建物

病院で受けられる治療

女性は年齢を重ねると閉経を迎え、平均的な閉経年齢は50歳くらいだと言われています。閉経の前後にはホルモンバランスがくずれ、更年期障害と呼ばれる様々な症状が約10年間ほど現れます。症状の程度には個人差があり、人によってはたいへんきつく現れることがあります。更年期障害は病院で治療してもらうことが可能であるため、症状に悩まされている人は気軽に相談してみることをおすすめします。更年期障害の症状として代表的なものにはホットフラッシュや自律神経系の不調、うつや不安などが挙げられます。ホットフラッシュとは急に熱くなって汗がとまらなくなる症状で、自律神経の調節がうまく働かないことを原因としています。自律神経の不調に起因する症状として、動悸や知覚異常などもあります。これらの症状はホルモン補充療法で改善することができます。卵胞ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンであるプロゲステロンを投与する治療で、更年期障害の基本的な治療方法として広く取り入れられています。保険が適用される治療であるため、少ない自己負担で受けることができます。うつや不安といった症状はカウンセリングによって改善できる他に、抗うつ薬や抗不安薬を処方してもらうこともできます。この他にも更年期障害には肩こりや頭痛、腰痛や不眠、イライラやめまいといった症状もあり、漢方薬が処方されることもあります。更年期障害かなと思ったら、ぜひ医師に相談してみてください。